八王子 長池脳神経内科

八王子医院 初診予約はこちら
横浜医院 初診予約はこちら
  • 脳神経疾患の治療の流れ
  • MRI検査(脳ドック)について 脳の病気が心配な方へ
メニュー
  • 診療実績
  • 設備のご説明
  • 理事長略歴
  • 医師紹介
  • スタッフ紹介
  • 医院概要
  • 地図
  • 診療予約について
  • 診療予約
  • 医療保険について
症状
  • 頭痛
  • 震え
  • 力が入らない
  • 意識障害
  • ものが2重に見える
  • しゃべりにくい
  • 言葉がでない(失語症)
  • 歩きにくい
  • てんかん
  • 脳梗塞
  • パーキンソン病
  • 初めて来院される方へ
  • 長池脳神経クリニック 採用サイト
長池脳神経内科の流れ
Step.1 予約 Step.2 問診 Step.3 検査 Step.4 治療
クリックすると各箇所に移動します

Step.1 予約

Step.1 予約

当院では診察を重視しています。
充分な診察時間を確保するために、完全予約制をとっています。必ず事前に予約をお願いいたします。

インターネット、または電話で、診療を予約していただけます。

受診のご予約はちらから

Step.2 診察

いきなり検査から始める医療機関もありますが、当院ではまず、充分な時間を確保した上で、診察を行います。
当院が診察を重視する理由は2つあります。

@1つの症状でも、複数の原因が考えられます。

脳神経系は構造が複雑です。そのため、1つの症状に、考えられる原因が複数あります

例えば「頭痛」という症状ひとつを取ってみても、原因は様々考えられます。脳自体の病気の事もあれば、周囲の様々な組織(神経、筋肉、血管など)に原因がある事もあります。
これらの原因を探すために診察をする場合、まず異常が「どこにあるのか」を考えます。
次に、症状が始まったタイミングや、痛みの感じ方、生活習慣などについて、具体的に問診を行い、「体の中で何が起きているのか」を推測します。
そして検査を行い原因となっている箇所を特定します。

症状と原因

原因が違えば、治療法も変わります。
脳神経系は、体のありとあらゆる部位に関係しているので、さまざまな可能性を踏まえつつ診察を行うことが欠かせません。そのためには、流れ作業のような診察ではなく、きっちりと時間を確保した中での診察が必須です。

これらを踏まえて、当医院では多くの症例経験を持った医師が適切な時間を使い問診を行っております。

A原因部位を推定して、重点的に検査をすることが大切です。

MRIは体のいろいろな場所の断面を撮影できる装置です。体内で動いている成分を計算することで、血管の状態も撮影できます。ところが、上で述べたように、症状の原因となる場所がどこかわからなければ撮影できません。さらに、どんな原因が考えられるかによって、たとえば脳のどこに的を絞ってどういう向きの断面を撮影すべきか、撮影の方法が違ってきます。そもそも、MRIの検査が必要なのか、他の検査が適しているのか、などは推測される原因次第です。正確な検査のために、きちんと時間をとって、丁寧な診察をすることが必須なのです。

当院では、丁寧な診察を行うために、さまざまな工夫をしています。

・完全予約制で、充分な時間をとって診察を行います。

患者さんが行列を作って、医師が常に急かされながらでは、きめ細やかな診察をしたくてもできません。そこで当院は、完全予約制をとって、患者さん一人ひとりに充分な診察時間を確保しています。このシステムなら、患者さんと充分なコミュニケーションを取りながら、原因を探っていくことができます。

・紙やフィルムをなくして、徹底的な時間の節約をしています。

当院のすべてのパソコンや医療機器をLANでつないで、あらゆる医療情報をデジタル化しています。従来の医療機関では、カルテや検査データを棚から探して運んできたり、会計を人手で計算していました。当院では、紙書類やフィルムを人から人へ手渡す時間、撮影した画像を現像したり出力する時間などを徹底的に省くことで、診察にあてる時間を創り出しています。

詳しい院内設備についてはこちら

ページトップへ戻る

Step.3 検査

診察で病状を推定したあと、その日のうちに必要な検査に移ります。

大学病院と同水準のMRIを導入しています。

大学病院と同水準のMRIを導入しています。

より正確な診断を可能にする、最新の高性能MRIを導入しています。
MRIは電磁波を使って脳の内部を鮮明に撮影することができる機器です。とくに脳内の血管の状態を把握するために、MRIによる検査は不可欠です。
近年増加傾向にあるくも膜下出血は、脳内の動脈瘤の破裂によるものですが、この動脈瘤を見つけるには、MRIによる検査が非常に有効です。また、症状が進行する前に脳梗塞を発見することも、MRIによる検査は威力を発揮します。

また処理能力にも優れており、検査時間が3割~4割短縮できるため、暗いところが苦手だ、という患者さんへの負担も軽減することができます。

大学病院と同水準のMRIを導入しています。

大学病院と同水準のMRIを導入しています。

当院の高性能機種のMRA画像

オープン型機種のMRA画像

撮影写真はデジタルデータのまま確認します

撮影写真はデジタルデータのまま確認します

MRIの撮影写真はデジタルデータです。アナログデータであるフィルムにしてしまうと、画像が劣化してしまいます。

当院では、すべての医療機器とパソコンをLANでつないでいるので、MRIで撮影した画像データは瞬時に診察室のパソコンまで送られます。デジタルデータをデジタルのまま扱うことで、検査後すぐに劣化のない画像を確認しながら、治療法を決定することができます。

経験豊富な医師2人によるダブルチェック

特に判読が難しい症例の場合は、八王子医院、横浜医院両院の医師で確認、さらには画像読影を専門とする、「SEM medical solution」社の放射線科専門医にも診断を依頼します。豊富な経験を積んだ複数の医師の目でダブルチェック、トリプルチェックをすることによって、見落としを防ぎます。

医師のプロフィールはこちら

ページトップへ戻る

Step.4 治療

頭痛の場合を例に挙げると、検査後の治療の方針は3つあります。

・生活習慣の改善のアドバイス
頭痛の約8割が、緊張型頭痛と呼ばれるものです。
脳内に問題があるのではなく、生活習慣が原因で筋肉が緊張し、痛みが発生しています。

緊張型頭痛のような、生活習慣が原因で起きている病状の場合は、薬を飲むだけでは効果がありません。
その代わり、日常の生活習慣を改善することで治すことができるので、適切なアドバイスを行います。

・薬の処方
頭痛の約2割が、片頭痛と呼ばれるものです。
脳内の血管が拡張し、周囲の神経を刺激することで痛みが発生しています。

この片頭痛は、生活習慣が主な原因ではなくもともとの体質によるものです。拡張してしまった血管を収縮させる薬で、比較的簡単に痛みを抑えることができます。
いたずらに薬を毛嫌いするのではなく、上手に薬と付き合っていくことが生活の質を改善します。

・他院への紹介
頭痛の中には、入院や手術が必要になる場合もあります。
クモ膜下出血や脳出血は、時には救命処置をしつつ入院施設へ搬送する必要もある、重大な病気です。軽い頭痛と思っていたら、実は脳腫瘍や慢性硬膜下血腫のような、手術を要する病気が見つかったということもあります。
副鼻腔炎や中耳炎が悪化して頭痛を起こし、耳鼻科で治療する必要がある場合もあります。緊張型頭痛の引き金が首の骨格の問題だったために、整形外科で治療が必要ということもあります。

検査によって、脳神経内科以外での処置が必要と判明した場合には、当院が責任を持って適切な病院へと紹介します。「ここへ来て本当によかった」と言っていただけた時が、医療に携わる者にとって最も嬉しい瞬間です。
脳神経内科医として、高い診療技術を提供することが、当院の理念です。

八王子医院の地図はこちら
八王子医院の地図はこちら
八王子医院の初診予約はこちら
横浜医院の初診予約はこちら

ページトップへ戻る

八王子 長池脳神経内科 Copyright (C) 2012 Neuro Associates. All Rights Reserved.